キャッシュレス

QRコード決済が手軽に導入できるCloud Pay(クラウドペイ)とは?手数料やメリット等も解説!

店舗にスマホのQRコード決済を導入したいけど、種類が多くてどれを導入すればいいのかわからない!と感じている方も多いのではないでしょうか?

そんなときに役立つのが、複数のQRコード決済を1度に導入することができるCloud Pay(クラウドペイ)です!

QRコード決済といえば、それぞれに専用のQRコードをレジに置いていたり、QRコードリーダーで読み取って支払うようなイメージがあるかと思いますが、

クラウドペイでは、専用のQRコードを1つ置くだけで、複数の決済に対応することが可能となります!

また、煩わしい審査なども1度に済ませることができるので、手軽にキャッシュレス化することができますよ!

今回はそんなCloud Payについて詳しくご紹介していきたいと思います!

これからQRコード決済を導入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

Cloud Pay(クラウドペイ)とは?

Cloud Pay

クラウドペイとは、株式会社デジタルガレージが運営しているマルチ決済サービスのこと

クラウドペイを導入するだけで、複数のQRコード決済を1度に導入することが可能となります。

クラウドペイ利用イメージクラウドペイの利用イメージ

引用:Cloud Pay(クラウドペイ)

利用方法としては、申し込み後に届くQRコードを店頭に設置し、そのQRコードをお客様が読み取ることで、決済が可能になるというものです。

これまではQRコード決済を導入する場合、それぞれの決済サービスに申し込み、審査を受ける必要がありましたが、

クラウドペイを導入することによって、1度に複数の決済サービスの申し込み・審査が受けられるため、

利用する店舗の方は、簡単に導入することができますし、どの決済サービスに申し込むかを検討する時間と手間を省くことができます!

また、クラウドペイを運営する株式会社デジタルガレージは、東証1部に上場している企業であるため、サービスも安心して利用することができますよ。

Cloud Payの基本情報
初期費用 月額固定費 加盟店手数料(一律)
0円 0円 3.24%

クラウドペイに対応しているQRコード決済は?

クラウドペイ対応決済サービス

現在Cloud Payを導入すると決済が可能になるサービスは、

  • d払い
  • ALIPAY(アリペイ)
  • WeChat Pay
  • Kakaopay
  • ALIPAY HK

に対応。メルペイ・LINE Payは順次対応となり、今後も対応する決済サービスは増えていくと思われます!

クラウドペイのメリットは?

では、クラウドペイを利用した場合のメリットを見ていきましょう。

クラウドペイのメリットは
  1. 1度に複数の決済サービスを導入できる!
  2. 初期費用・月額固定費が無料!
  3. 振込手数料が無料!
  4. 機器の導入が不要!

これらのメリットを1つずつ詳しく解説していきたいと思います。

1度に複数の決済サービスを導入できる!

クラウドペイのいいところは、1度に複数のQRコード決済サービスが導入できるという点です。

通常、QRコード決済を導入する場合には、決済サービスに直接申し込みをし、審査完了後に利用が可能となります。

しかしこの方法では、複数の決済サービスを導入したい場合は、それぞれの決済サービスに申し込みをしないといけません。

ですがクラウドペイを利用すると、複数の決済サービスを同時に申し込み・審査ができるので、導入の手間を減らすことにつながります。

初期費用・月額固定費が無料!

クラウドペイを導入する場合の初期費用や、月額固定費は無料となっているので、利用をする上での費用は一切かかりません!

ただし、決済ごとに手数料(一律3.24%)が発生しますが、その他の費用は必要ないので安心して利用することができます!

振込手数料が無料!

クラウドペイでは、売上金を受け取る場合の振込手数料も無料となっています!

他のマルチ決済サービスでは、振込手数料が発生する決済会社も存在しますので、振込手数料が無料なのは嬉しいポイントです。

機器の導入が不要!

クラウドペイでは、QRコードをお客様が読み取って決済する方式なので、決済に必要な機器の導入が必要ありません。

煩わしい機器の操作なども覚える必要がないので簡単です!

クラウドペイのデメリットは?

では反対に、クラウドペイを利用した場合のデメリットも見ていきましょう。

クラウドペイのデメリットは
  1. 人気の決済サービスにはあまり対応していない。
  2. クレジットカードや電子マネー等の決済には対応していない。

これらのデメリットについても解説していきたいと思います。

人気の決済サービスにはあまり対応していない。

QRコード決済の中でも人気のPayPay楽天ペイau PAYOrigami Pay等の決済サービスには今のところ対応していません。

また、現時点ではLINE Payやメルペイにも未対応。

対応するサービスの数としては少し寂しい印象ですが、これから対応するサービスの数は増えていくと思われますので、今後に期待したいところです!

クレジットカードや電子マネー等の決済には非対応。

クレジットカード非対応イメージ

クラウドペイでは、クレジットカードや電子マネーなどの決済方法についても非対応となっています。

QRコード決済だけ導入するのも悪くはないのですが、やはり利用者数の多いクレジットカードや電子マネー決済を導入しないと、それだけ機会損失にもつながりかねません。

QRコード決済にはクラウドペイを導入し、その他の決済には他のマルチ決済サービスを利用するというのも1つの手かもしれません。

おすすめの決済サービス

クラウドペイを検討中で、他のサービスと比較して選びたいという方のために、おすすめの決済サービスをいくつかご紹介したいと思います!

AirPAY(エアペイ)・AirPAY QR

AirPAY公式サイト

AirPAY(エアペイ)とは、リクルートが運営しているキャッシュレス決済サービスです!

CMもよく流れるので、知っている方も多いのではないでしょうか?

このAirPAYのQRコード決済サービスであるAirPAY QRに申し込むことで、複数のQRコード決済を導入することができます。

AirPAYとAirPAY QRに同時に申し込むことで、

  • クレジットカード
  • 交通系電子マネー
  • 「iD」「QUICPay」などの電子マネー
  • QR・コード決済

に対応することができ、なんと最大26種類の決済方法に対応することが可能となります!

導入や運用費用は無料で端末代金も掛かりません!さらに今ならiPadも付いてくるのでかなりお得に導入することができますよ!

AirPAYについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

AirPAY(エアペイ)とは?店舗に導入するメリットやデメリットも分かりやすく解説!近年の急速なキャッシュレス化に合わせて、店舗の決済方法にキャッシュレス決済を導入したいと考えている店舗も多いかと思います。 そこで...

PayPay(ペイペイ)

PayPay公式サイト

PayPayは言わずと知れたキャッシュレス決済サービスですが、導入費用はもちろん月額固定費も無料で始めることができます!

さらにPayPayに直接申し込むことで、決済システム利用料(手数料)も2021年9月30日まで無料に!

また、PayPayのQRコードは、中国にユーザーの多いALIPAYのアプリにも対応しているので、PayPayに申し込むだけで、同時にALIPAYも導入することが可能ですよ!

まとめ

クラウドペイについてご紹介してきましたが、どんなものかお分かりいただけたでしょうか?

これまでの内容を簡単にまとめますと

  • クラウドペイは、株式会社デジタルガレージが運営するマルチ決済サービスのこと。
  • クラウドペイを導入することで、d払い・ALIPAY(アリペイ)・ALIPAY HKWeChat Pay・Kakaopayに対応。

導入するメリットとしては、

  1. 1度に複数の決済サービスを導入できる!
  2. 初期費用・月額固定費が無料!
  3. 振込手数料が無料!
  4. 機器の導入が不要!

などがメリットとして挙げられます。反対にデメリットは、

  1. 人気の決済サービスにはあまり対応していない。
  2. クレジットカードや電子マネー等の決済には対応していない。

などのデメリットもありますので、それを踏まえた上で検討してみるとよいかと思います。

今回ご紹介したクラウドペイのようなマルチ決済サービスは、1回導入してしまえば複数の決済サービスに対応することが可能となるので、利用する側からすると非常に有難いサービスであると言えます!

今後もQRコード決済の利用者数はさらに増えていくと思われますので、この機会に導入してみるのもいいでしょう!

合わせてご紹介したAirPAYやPayPayも導入費用が掛からないので、とりあえず導入しておくだけでも損はないかと思います!

みなさんもクラウドペイのようなマルチ決済サービスを上手に利用して、キャッシュレス化を進めてみてはいかがでしょうか?

同じカテゴリの記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です