キャッシュレス

AirPAY(エアペイ)とは?店舗に導入するメリットやデメリットも分かりやすく解説!

近年の急速なキャッシュレス化に合わせて、店舗の決済方法にキャッシュレス決済を導入したいと考えている店舗も多いかと思います。

そこでおすすめなのが、リクルートが提供するキャッシュレス決済の「AirPAY」(エアペイ)です。

AirPAYと言えば、CMでよく見かけることもあり、名前は知っている!という方も多いと思いますが、

詳しいサービス内容はよく分からないという方も多いことでしょう。

結論から言うと、AirPAYを店舗の決済に導入することで、導入コストを抑えられたり、

キャッシュレスユーザーの集客に貢献したりと、得られるメリットはとても大きいです!

また、AirPAYを導入するだけで26種の決済方法に対応することができるため、キャッシュレス決済を検討している店舗で導入しないという手はないでしょう!

今回は、そんなAirPAYについて詳しくご紹介していきたいと思います!

  • 店舗のキャッシュレス化にどれを導入すればいいのか分からない。
  • AirPAYについて詳しく知りたい・導入方法を知りたい。
  • 他のサービスとも比較してみたい。

という方にもおすすめの内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください!

AirPAY(エアペイ)とは?

AirPAY古式サイト

AirPAY(エアペイ)とは、リクルートグループの1つである「リクルートライフスタイル」が運営するキャッシュレス決済のこと。

店舗等にAirPAYを導入すると、

  • クレジットカード
  • 交通系電子マネー
  • 「iD」「QUICPay」などの電子マネー
  • QR・コード決済

などの最大26種の方法で決済することが可能になり、多くのキャッシュレス決済に対応することができます!

利用するには、AirPAYのアプリが入ったiPadまたはiPhoneと、AirPAY登録後に送られてくるカードリーダーが必要となります。

また、導入や運用にかかる費用は0円で、手軽に始められるのも魅力の1つです。

現在、条件を満たせばipadも無料になる、お得なキャッシュレス0円キャンペーンも開催しているので、キャンペーン中の申し込みがお得ですよ!
AirPAYキャッシュレス0円キャンペーン
AirPAYの基本情報
導入・運用費用 無料
振込手数料 無料
決済手数料 3.24%/3.74%
クレジットカード VISA/mastercard/JCB/AMERICAN EXPRESS/Diners Club/DISCOVER
交通系電子マネー Suica/PASMO/Kitaca/TOICA/manaca/

ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん

電子マネー Apple pay/ID/QUIC Pay

また、AirPAYのQRコード決済版である「AirPAY QR」というサービスを導入することによって、QR決済サービスである

  • Alipay
  • WeChat Pay
  • LINE Pay
  • d払い
  • PayPay

での決済にも対応することが可能になります!

AirPAY QRについて知りたい方は、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

AirPAY QRとは?導入で5つのQRコード決済が可能に!メリットやデメリットも解説!店舗にQRコード決済を導入するべきか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 実際にQRコード決済を利用するユーザーの数は徐々に...
  • AirPAYとは、リクルートライフスタイルが運営するキャッシュレス決済のこと
  • AirPAYを導入することで、最大26種の方法で決済が可能!
  • 導入や月額固定費は無料で、手軽に始めることが可能!

AirPAY公式サイトをチェックする!

AirPAYで決済できるブランド・手数料

それでは次に、AirPAYで決済できるブランドと手数料について見ていきましょう!

AirPAYでは、決済を行うブランドによってそれぞれ手数料が変わってきます。

AirPAY手数料一覧

出典:AirPAY

このように、利用されるブランドによって多少の違いはありますが、多くは3.24%となっていて、業界でもトップクラスの低さに設定されています!

また、キャッシュレス・消費者還元事業者登録をすることで、決済手数料を実質2.16%で利用することができます。

キャッシュレス・消費者還元事業者登録については、一般社団法人キャッシュレス推進協議会のサイトに詳しく書かれていますので、参考にしてみてください!

AirPAYのメリットは?

次にAirPAYのメリットを見ていきましょう!

AirPAYのメリットは
  1. AirPAYを導入するだけで数多くの決済に対応することができる!
  2. 振込手数料が0円!
  3. 手数料は業界トップクラスの安さ!
  4. 月3回または月6回の振込に対応していて、受け取れるタイミングが多い!
  5. 導入費用・月額固定費は無料!

これらのメリットを1つずつ詳しく解説していきたいと思います!

AirPAYを導入するだけで数多くの決済に対応することができる!

AirPAYを導入すると、まず18のブランドの決済に対応することが可能になります。

AirPAY対応ブランド

その他にも、QR決済に対応する「AirPAY QR」にも申し込むことで

  • ALIPAY
  • WeChat Pay
  • LINE Pay
  • d払い
  • PayPay

にも対応することが可能になります!

特に世界最大級のQR決済で、中国にユーザーの多い「ALIPAY」や「WeChat Pay」の決済が可能になることで、中国人ユーザーの利用が見込めるのは大きいです!

また、日本でも利用者数が増えている「LINE Pay」や「PayPay」、「d払い」にも対応していますし、今後も対応する決済サービスは増えていくと思われます。

振込手数料が0円!

なんとAirPAYからの入金は、0円となっています!※ゆうちょ銀行は利用不可

これにより、月に何度入金があっても無料で、手数料代を失うことなく売上を受け取ることができます!

また入金回数は、利用口座によって月6回または月3回のどちらかになります

利用銀行口座 入金回数
みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行 月6回
その他金融機関 月3回

手数料は業界トップクラスの安さ!

AirPAYの手数料は、先ほどもご紹介したように3.24%または3.74%となっています。

この手数料率は、業界でもトップクラスの安さです!

手数料については、他のサービスと比較した記事を下でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

導入費用・月額固定費は無料!

AirPAYでは、導入に一切費用が掛かりません!

これは実際に導入を検討している店舗にとって、かなり大きなメリットなのではないでしょうか?

また、月額費用も無料なのでリスクもなく、お店のキャッシュレス決済に対応することができます!

無料でお店をキャッシュレス化にできるうえに、様々なブランドにも対応できるAirPAYを始めない理由が見つかりません!

さらに今なら、導入費用0円にipadまで付いてくるキャンペーンも実施しているので、導入しないという手はありませんよね!

AirPAYのデメリットは?

では反対にデメリットの方も見ていきたいと思います。

AirPAYのデメリットは
  1. 分割払いには対応していない
  2. Android端末では利用できない

分割払いには対応していない

AirPAYでは、分割払い・リボ払い・ボーナス払いに対応していません。

お支払いは1回のみとなっていますので、高額な商品などを扱う店舗では、お客様の「分割で支払いたい」という要望に応えることができない場合もあるかもしれません。

しかし、分割払いに対応していないのは、AirPAYだけではなく、AirPAYと類似するサービスである

「楽天ペイ」や「スクエア」などのサービスでも、分割払いなどの支払い方法は利用することはできません。

Android端末では利用できない

今のところAirPAYで利用することができる端末は、iOSであるiPadまたはiPhoneのみとなっています。

そのため、OSがAndroidの端末では利用することができません。

しかし、現在AirPAYではiPadが無料になるキャンペーンを実施しているので、このデメリットは全く気にすることなく利用することができますよ!

他のサービスとの違いを徹底比較!

それでは次に、AirPAYと類似するサービスとの違いを比較していきたいと思います。

今回は、

  • 楽天ペイ
  • Coiney
  • Square(スクエア)

との違いを見ていきましょう!

違いを分かりやすくするために以下に表を作成しましたのでご覧ください!

AirPAY 楽天ペイ Coiney Square(スクエア)
導入費用 実質無料 実質無料 実質無料 実質無料
振込手数料 無料 楽天銀行・無料

その他・210円/回

10万円まで200円

10万円以上・無料

無料
決済手数料 3.24%/3.74% 3.24%/3.74% 3.24%/3.74% 3.25%/3.75%/3.95%
入金回数 月3回/月6回 翌日入金 月6回/月1回 翌営業日/毎週金曜日
分割払い 非対応 非対応 VISA/mastercardのみ 非対応
利用可能端末 iOS iOS/Android iOS/Android iOS/Android
クレジットカード VISA/mastercard/JCB/

AMERICAN EXPRESS/

Diners Club/DISCOVER

VISA/mastercard/JCB/

AMERICAN EXPRESS/

Diners Club/DISCOVER

VISA/mastercard/JCB/

AMERICAN EXPRESS/

Diners Club/DISCOVER

VISA/mastercard/JCB/

AMERICAN EXPRESS/

Diners Club/DISCOVER

交通系電子マネー Suica/PASMO/Kitaca/

TOICA/manaca/ICOCA/

SUGOCA/nimoca/

はやかけん

Suica/PASMO/Kitaca/

TOICA/manaca/ICOCA/

SUGOCA/nimoca/

はやかけん

Suica/PASMO/Kitaca/

TOICA/manaca/ICOCA/

SUGOCA/nimoca/

はやかけん

電子マネー Apple pay/ID/QUIC Pay 楽天Edy/Apple pay/ID/

QUIC Pay/nanaco

QR・コード決済 ALIPAY/WeChat Pay/

LINE Pay/d払い/PayPay

楽天Pay/au Pay WeChat Pay

こちらの表を見てもらうと、各社のサービス自体に大きな違いこそ見られませんが、全体を通してAirPAYにメリットが多いことが見て取れます!

中でも振込手数料が無料であることや、決済方法が多いという点ではかなり優秀です!

また、どのサービスでも導入費用(端末代金など)が実質無料となっていますが、これは国が行っている「キャッシュレス・消費者還元事業」で端末代金が実質無料となるためです。

キャッシュレス・消費者還元事業の実施は、2019年10月1日から2020年6月30日となっており、

決済端末が実質負担なしで導入できる期間は、2019年5月14日から2020年4月下旬(予定)までである可能性が高いです。

そのため、店舗にキャッシュレス決済を導入する場合は、早めに行うことがおすすめですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?AirPAYが優秀なキャッシュレス決済サービスであることがお分かりいただけたかと思います!

これまでの内容をまとめますと、

AirPAYの特徴
  • AirPAYとは、リクルートライフスタイルが運営するキャッシュレス決済のこと
  • AirPAYを導入することで、最大26種の方法で決済が可能!
  • 導入や月額固定費は無料で、手軽に始めることが可能!

AirPAYのメリット

  1. AirPAYを導入するだけで数多くの決済に対応することができる!
  2. 振込手数料が0円!
  3. 手数料は業界トップクラスの安さ!
  4. 月3回または月6回の振込に対応していて、受け取れるタイミングが多い!
  5. 導入費用・月額固定費は無料!

AirPAYのデメリット

  1. 分割払いには対応していない
  2. Android端末では利用できない

このようにAirPAYを導入するだけで、クレジットカードから電子マネー、さらにQRコード決済まで幅広く対応することができるので、本当にAirPAY1つでお店の支払いが劇的に変化します!

また、今後もキャッシュレス決済で支払いたいという人は、益々増えていくことが予想されます。

そんな波に乗り遅れないようAirPAYでしっかりキャッシュレス化をし、機会損失を防ぎましょう!

さらには導入費用も掛からないとなると、リスクなしでキャッシュレス化できるので、導入しないという手はないでしょう!

AirPAYもそうですが、キャッシュレス決済を無料で導入できるキャンペーンなどは、いつまで開催しているか分からないので、お早めに申し込みするのがおすすめですよ!

さらに今ならipadも無料で付いてきます!

みなさんの店舗にもAirPAYを導入して、お店をキャッシュレス化してみてはいかがでしょうか?

AirPAY公式サイトをチェックする!

同じカテゴリの記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です