キャッシュレス

PayPayの店舗導入は必要?加盟店になるメリットとデメリットも徹底解説!

最近の急速なキャッシュレス化の流れに伴い、店舗へのスマホ決済等の導入が多く見られますが、中でもPayPayを導入している店舗をよく見かけることはありませんか?

PayPayといえば、数多くのキャンペーンを実施することで、利用者にお得なキャッシュレス決済サービスとして、徐々に利用者数を増やしている人気の決済サービスですが、

実は店舗にもお得な決済サービスであることをご存じでしょうか?

今回は、そんなPayPayが店舗への導入におすすめな理由や、PayPayのメリット・デメリットについても詳しくご紹介していきたいと思います!

この記事では
  • PayPayの導入について詳しく知りたい。
  • QRコード決済を導入したいけど、どれにするべきか悩んでいる。

という方にもおすすめの内容となっていますので、是非参考にしてみてください!

PayPayとは?

PayPay公式サイト

PayPayとは、PayPay株式会社が運営するスマホ決済サービスのこと。

PayPay株式会社は、ソフトバンクとヤフーが出資した合弁会社ということもあり、とても安心感があるサービスと言えます。

PayPayの支払い方法には2種類の方法があり、

  1. 店舗に設置されたQRコードをお客様が読み取り、決済する方法
  2. スマホに表示されたQRコードを、POSレジのコードリーダーで読み取る方法
QRコード決済のイメージ

のどちらかの方法で決済をすることができます。

店舗にPayPayを導入する場合、①のQRコードを店舗に設置することで手軽に導入することができ、費用も掛かりません。

②の方法を導入すると、①の方法よりもスムーズに決済することができて便利ではありますが、

POSレジのシステムを変更しなくてはならないため、どうしても導入費用が高くなってしまいます。

費用を抑えて導入したい!という方には、①のQRコードを設置することでPayPayを導入する方法をおすすめします!

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

PayPayの基本情報

PayPay基本情報
初期導入費 無料(読み取り支払いのみ)
決済システム利用料(手数料) 無料(2021年9月30日まで)
入金手数料  

無料(2020年6月30日まで)

(ジャパンネット銀行の場合永年無料)

月額固定費 無料
入金サイクル ジャパンネット銀行 翌日
その他金融機関 翌々営業日(1万円以上)

PayPay導入のメリット

それでは、実際にPayPayを導入した場合のメリットを見ていきましょう。

PayPayのメリットは
  1. 無料で導入することができる!
  2. 機器の導入が不要!
  3. 決済システム利用料が無料!(2021年9月30日まで)
  4. 同時にAlipayも導入できる!
  5. 加盟店紹介キャンペーンを実施!

 

これらのメリットを1つずつ詳しく解説していきたいと思います。

無料で導入することができる!

PayPay無料イメージ

キャッシュレス決済を導入する場合の導入費用は、多くのキャッシュレス決済会社で無料となっている事が多いですが、もちろんPayPayでも無料で導入することができます!

無料で導入することができるうえに、2021年9月30日までは決済システム利用料も無料となっていますので、気軽に申し込んでも損はないでしょう。

しかし、レジのバーコードリーダーを使ったQRコード決済を導入する場合は、システムの変更に伴って導入費用が発生するため注意が必要です。

機器の導入が不要!

PayPayでは、店舗にQRコードを設置して決済する「読み取り決済」の場合、機器の導入は不要です。

キャッシュレス決済を導入する際に起こる、機器の扱い方がわからないといった問題や、機器の不具合によるトラブル等も発生しないため安心です。

また、煩わしい機器の操作なども覚える必要がないので簡単に始めることができますよ!

決済システム利用料が無料!(2021年9月30日まで)

PayPayを直接導入した場合、この決済システム利用料が2021年9月30日まで無料になるので、利用する側としてはとても大きなメリットとなります!

といのも、最近ではPayPayに直接申し込まなくても、PayPay等のキャッシュレス決済をまとめて導入することができる「マルチ決済サービス」というサービスを使って導入する事例が増えてきていますが、

このマルチ決済サービスでPayPayを導入したとしても、決済システム利用料(手数料)は無料にならないことが多いです。

そのため、PayPayを利用する場合には、間に他のマルチ決済サービスを介さずに直接申し込むことで、

決済システム利用料が掛からない状態で利用するのがおすすめの方法だと思います。

同時にAlipayも導入できる!

ALIPAY導入イメージ

出典:PayPay

PayPayを導入すると、同じQRコードでALIPAYの導入も同時に行うことができます!

ALIPAYといえば、世界最大規模のモバイル決済であり、利用者数も桁違いに多い決済サービスです。

中でも中国でのユーザー数が多いため、海外からの集客には欠かせません。

また、導入にかかる費用はもちろん無料で、2020年9月30日までは決済手数料も無料となっています。

PayPayを導入するついでにALIPAYも導入しておいて損はないでしょう。

ただしALIPAYのご利用には、ALIPAYの審査も必要となってくるので注意してください。

加盟店紹介キャンペーンを実施!

PayPay加盟店紹介キャンペーン

PayPayに加盟店登録し、他の店舗をPayPayに紹介すると、紹介した方は1,500円がもらえ、紹介された方も1,000円がもらえるキャンペーンを実施しています!

紹介すればするほど紹介料がもらえますので、これを利用しない手はありません。

しかし、このキャンペーンはいつ終了となるか分かりませんので、早めのご利用がおすすめです。

PayPay導入のデメリット

それでは反対にデメリットの方も見ていきたいと思います。

PayPayのデメリットは
  1. 読み取り支払いでは、スムーズに決済できないことも
  2. 以前はセキュリティ面に不安があった

これらのデメリットについても詳しく解説していきたいと思います。

読み取り支払いでは、スムーズに決済できないことも

QRコード決済イメージ

PayPayで無料で導入できる読み取り支払いの場合、主にお客様の操作がメインとなるため、

操作方法が分からなかったり、操作に手間取ったりとスムーズに決済ができないような状況を見かけることがあります。

はじめのうちは操作に手間取ったりということは、誰しも経験することなのでしょうがないといえばしょうがないことかもしれません。

操作に慣れないというユーザーは今後は減っていくと思われますが、予算があるのであれば、POSレジにPayPayのシステムを導入することを検討してみるのもいいかと思います。

以前はセキュリティ面に不安があった

PayPayでは、2018年12月に起こったクレジットカードの不正利用が問題となりました。

しかし、その不正利用に対応したセキュリティー強化を行ってきたことで、不正利用などの問題は、ほぼ無くなりました。

さらに最近では、不正利用にあった際の被害額を全額補償するといった制度も導入された為、ユーザーは安心してPayPayを利用できるようになりました!

また、加盟店への補償制度もあるので、万が一不正利用にあった場合でもしっかりと補償してもらえるので安心して利用することができます。

まとめ

PayPayは、ユーザーのみならず店舗にもお得な決済サービスであることがお分かりいただけたかと思います。

運営しているPayPay株式会社は、ソフトバンクとヤフーの合同会社ということもあり、不正利用などへの補償もしっかりしているので、安心して利用することができます。

また、導入費用や月額固定費は無料ですし、2021年9月30日までは決済システム利用料も無料なので、お試しで導入してみるのもいいかもしれません!

タイトルにもある、PayPayの導入は必要?という質問の答えなのですが、これからのキャッシュレス化にPayPayの導入は間違いなく必要だと思います!

理由としては利用者の数も多いですし、これからも利用者の数は増え続けていくと思われるためです。

かなりお得なキャンペーンを数多く実施しているPayPayを導入することで、新規の顧客の獲得や集客にも貢献してくれることでしょう。

みなさんもぜひPayPayを導入して、お店のキャッシュレス化を進めてみてはいかがでしょうか?

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

同じカテゴリの記事!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です